2018年4月18日水曜日

シェルターボランティア一年、保護犬写真集

アニマルシェルターの犬散歩ボランティアを始めて、一年がたちました。歩いた犬の数は、100匹以上かな?
チャリティウォークFurry 5Kは今年ももうすぐ ぜひご参加を!

今回は歩いた犬たちの写真とともに、ボランティア内容について少し書きます。


散歩スケジュールはそれぞれの曜日に朝夜2回(週数回、昼も)。私のチームメンバーは9名で、週一の朝2時間のシフトです。


犬はケネルに一匹ずつ収容され(複数で保護された場合は一緒のケネルの場合あり)、グリーン、イエロー、パープル、ブルーの4つの色に選別されます。


グリーンは「里親募集中」。イエローは「保留中」。期日までに飼い主が現れなければ、里親を募集します。


中で少し扱いが難しい犬はパープル、恐がりな犬はブルーとされ、それぞれ認定された人だけが扱えます。


犬は15匹前後が平均で、多いと20匹以上。単純に人数で犬の数を割って2時間内に振り分ければ、一匹につき1時間以上歩くことも可能ですが、


欠員が出て、パープル担当が一人しかいない時にパープル犬が5匹いたり、扱いが難しい1匹を2名で歩くこともあり、歩く犬の数はまちまちですが、平均2、3匹といったところです。


パープル、ブルー 担当になるには自己申請し、試験を受けますが、私はまだ考え中なのです(ブルーは現在募集無し)。というのも...


身長160cmで、自分は「大きめの中」と思っている私ですが、この国ではどこに行っても「一番小さい人」。大型犬を歩こうとすると男の人に「その犬強いよ!」とか「グッドラック」とか言われ「チッ」と思っていましたが、
ズートピアを見た時、このウサ子は私だ、と思いましたよ...

ある日、その犬をケネルから連れ出して後悔...ブリー(Bully)+ハウンドの大型犬で、呼びかけに応えない猪突猛進の筋肉マン。
ぼくのことじゃありません

転ぶまいとふんばりすぎて、足の付け根を痛めてしまい、一年経った今も少し痛むという悲しさ...
自分のチビを認めなさい

ボランティアの応募条件には「躾をされていない犬や、ブリー系(Bully breed)を扱うことを希望する人、55パウンド以上の犬を扱った経験がある人」とあり、


私はブリーの経験がなかったので、勉強も兼ねて挑戦したのだけれど、胸板厚い系の怪力を思い知りました。
なんのなんの

これでリアクティヴだったら、引っぱられて足が悪化しそうで様子見中ですが、いつかパープル(かブルー)担当になれるかなあ...
どうでしょうね

もちろんシェルターからも、自分の手に負えない犬を歩かせないようにと 言われています。でもケネルを出てみないとわからないこともあるんですよね。


ケネルの中では暴れん坊、外では冷静とか、逆の場合も...その見極めがちゃんとできなくちゃと思います。


長年やりたかったボランティアですが、 想像とは少し違いました。「犬と楽しく公園を歩く」くらいな、気軽なことを考えていましたが、


「他の犬、一般の人と接触させない」というルールに従い、犬や人を避けて隠れたり、遠回りをしたり「シェルター周りのルートを注意を払って歩く」というのが現実でした。


犬をなでたくて近づいてくる人を遮り「シェルターに会いに来てね!」と言うとガッカリされるのが心苦しい...


でも万一のことがあれば、処分を下されるのは犬だし、シェルターもそれを望んでいないのです。


でも、想像していなかった楽しみもたくさんみつけましたよ。
どんな?

知らない犬とふたりきりになると嬉しくなるの、私だけ?なぜでしょう。犬とヒトの関係は不思議ですね。
大丈夫ですか

やんちゃな犬には「お前とは一緒に暮らせない...別れよう」とか、気に入った犬には「好きだ、このまま一緒に暮らそう」とか話しかけて一人で笑っています。
頭がおかしいんですね
 
どの犬を何分歩いたかと、性格やクセの情報をノートに書き残すので、歩きながら、


ひとなつこい、独立心が強い、リードマナーがよい、こういうコマンドを知っている、フードモチベが高い、低い、こういう音に敏感...と、動きを観察していると、


犬がたくさんのことを教えてくれます。犬は先生です。
♪ぼくの先生はー (フィーバー)

それと、写真を撮るのが楽しい!おすわり、マテを知らない犬、フードモチベの低い犬を撮るのは挑戦ですが、
デマンディングすぎて超難しかった犬 奇跡の瞬間

楽しい性格が現れた瞬間が撮れると、やった!と思います。写真で家族探しに貢献できたら嬉しいな〜。


でもやはり一番は、熱烈歓迎されること。一度も会ったことのない犬が「待ってました、よっ社長!」とちぎれるほどにシッポフリフリ。


どんなコワモテも、ヒトの愛に飢えています。
ラブミー!

このボランティアの意義は、家を失った犬たちの心を癒し、ストレスを和らげて、 新しい家族との架け橋になることだと思います。


散歩以外に、犬とのジョギング、家庭での一時預かり、食事の用意、洗い物、キャンペーンの宣伝や写真・デジタル係、アダプションアシスタント等、ボランティアの種類はいろいろ。


シェルターには猫や鳥、小動物、爬虫類もいるので、ご興味のある方はシェルターのサイトVolunteer Matchをチェックしてみることをおススメします。
見てみてね

尚、公にできるのは里親を募集している犬の写真だけなので、ご紹介した写真は全て「グリーン犬」です。以上の犬たちには、新しい家族が決まっています。以下は、現在里親募集中の犬たち!
Dojo

かわいいでしょ?
Ellie

この犬なんて本当におっとりで、ボランティアのみんなの人気者です。
Emme

ボランティアを一年やってみた感想は「ずっと続けたい」。体力勝負だけど、やりがい1000%!

ご訪問ありがとうございました。キットにクリックのご褒美おねがいします♡
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
 にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村

キットを見つけてくれてありがとう!
  Puppy Adoption
 
KIT - The speed demon Papillon dog

Facebookページも宣伝

2018年4月13日金曜日

ワシントン大学、桜の散歩道

シアトルの春は、桜の季節。


「おてもやん」みたいなバンダナをつけて、
クールジャパン風

ワシントン大学へ桜を見に来ました。


毎年この時期に一度は足を運びます。


今年も例年のように混み混み。
尻が出てますよ

キットは花より散歩。大好きなキャンパスです。


広場で休んでいたら女の子が遠くから「あっ、猫!あれ猫だよね?」と大声で噂を...
えっ

犬だったと気づき「ごめんなさい!」と言って通りすぎていきました...ヤケ走。
チミ、失敬じゃないか!

これは3月末でしたが、今桜はどうなっているのかな。


近所の散歩道に桜が咲き始めると、あーやっと、と本当に嬉しい気持ちになります。冬は雨ばかりの、シアトルのお楽しみです。


これからどんどん日が長くなるけれど、


シアトルの冬と夏のギャップがヒドすぎて、毎年、冬至が来るとやったー!と叫び、夏至が来るとしゅーんとしています。

ご訪問ありがとうございました。キットにクリックのご褒美おねがいします♡
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
 にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村

キットを見つけてくれてありがとう!
  Puppy Adoption
 
KIT - The speed demon Papillon dog

Facebookページも宣伝